プチ整形で若さを維持|気軽に利用できるボトックス注射を体験しよう

女の人

進化を続けるシワ取り治療

注射

皮下注射という工夫も

ボトックス注射はボツリヌス菌が持つ毒素をもとにして作られた薬剤を注射するという美容整形法で、顔の表情筋を動かすとできるシワを治療するために行われています。毒は適量を用いれば薬となるという言葉があるとおり、ボツリヌス毒素も生理食塩水などで希釈して使えば、筋肉を麻痺させるという作用を美容目的で利用することができます。ボトックス注射はもともとは医療目的で病気の患者に対して行われていた治療なので、医療と美容整形とを通して非常に多くの症例数があり、安全な治療法であるといえます。美容整形におけるボトックス注射は、これまでは筋肉に打つことが一般的でした。しかし筋肉に対するボトックス注射には、注入するボトックスの量が多すぎると表情がぎこちなくなってしまったり、甚だしい場合には表情筋が動かなくなってしまったりするという問題点もあったのです。そこで、最新のボトックス注射による治療では、筋肉よりも皮膚に近い部分に少しずつ注射することで、より自然で多様な効果を生むことができるようになりました。

水光注射にも応用

最近、ボトックス注射の新たなバージョンとして、水光ボトックス注射という施術法も開発されています。水光注射とはヒアルロン酸を皮膚のごく浅いところに均等に注射する方法で、専用の機械を使って行います。水光注射ではヒアルロン酸のほかにもさまざまな種類の美容有効成分を使いますが、そのひとつとしてボトックス注射も行われているのです。注射を人の手で行う場合、注射する医師などの技量には個人差があります。しかし水光注射の場合は機械が自動的に均等にしかも非常に細かく薬剤を注入できるので、皮膚の浅い部分にも安全に注射することができるというメリットがあります。また、水光ボトックス注射はヒアルロン酸などの成分と混合注射ができます。このため、水光ボトックス注射は従来のボトックス注射では対応していなかった細かいシワやたるみなどにも応用できるのです。さらに美肌に必要なアミノ酸や各種ビタミン・ミネラルなども同時に注射することが可能です。こうしたことから、水光ボトックス注射は今非常に熱い注目を浴びています。