プチ整形で若さを維持|気軽に利用できるボトックス注射を体験しよう

女の人

日々進化する美容外科技術

美容整形

アンチエイジングの施術

ボトックス注射がアンチエイジングの施術として導入されたのは2003年ごろです。ボトックス注射の具体的な施術方法は、ボツリヌス菌の神経毒素複合体のうちA型だけを精製して作られたものを、施術を行いたい箇所に注入します。A型だけを使用することで安全性が高く、施術後すぐに大きな成果をあげることができます。施術後の変化が激しいので、医師の技術と経験が結果に関わってきます。表情じわの改善や小顔効果等、色々な効果が期待できるボトックス注射ですが、抵抗の生産によって効果が減ってきたり、皮膚の張りは戻ってもしわの線が残ってしまうことがあります。今後はこのような点が改良され、繰り返し施術を受けても効果が変わらず、しわをきちんとのばすことのできる技術が開発されていくことが予想されます。近年では人々のアンチエイジングへの意識がとても高いので、今後益々需要は増えていくと考えられ、より安全な成分への開発も行われていき、安心して利用できる環境が整うとされているのです。

施術後の注意点

ボトックス注射を受けた後、数時間を経過してからしびれが見られることもあります。このしびれはすぐに治まりますので心配はいりません。しびれと同時に頭痛が現れることもありますが、頭痛は薬を飲むことで良くなるものです。成分を注入すれば、誰でも数日間は違和感を感じます。これは当然のことなのですが、1週間ほど経てば慣れて気にならなくなっていきます。腕の良い医師に施術を行ってもらった場合、この違和感を最小限にできるでしょう。注入する量や施術の仕方によっても感じ方が変わりますので、クリニック選びはとても重要です。ボトックス注射では、施術後どのような形にしたいのかという要望を正しく伝えることが大切です。それによって、どの部分にどれくらい注入するのかを決めますし、事前に印がつけられます。内出血を起こすこともあるため、目の周り等の皮膚の薄い部分に施術を受ける時には注意が必要です。内出血は全く起こさないケースもありますし、なりやすい人でも2週間程度が経過すれば落ち着きます。